白髪染めとおしゃれ染めの違いについて

白髪がなんとなく増えてきて、そろそろ私も染めなきゃと思っている人は、白髪染めを使う時かもしれません。
しかし、白髪染めとおしゃれ染めってありますよね。ヘアカラーにも様々な種類がありますが、おしゃれ染めと白髪染めと2つあります。

 

どちらも似たような感じではありますが、実際は、どう違ってくるのでしょうか?
それぞれの違いについて調べてみました。

 

【おしゃれ染めとは】

 

おしゃれ染めというのは、オシャレ。つまり自分を着飾るときの言葉ですね。カンタンに言ってしまえば、現在のヘアカラーにあたるものです。
昔は、ヘアカラーという言葉があまり浸透していなかったせいなのか。

 

「オシャレをするために髪の毛を染める」ということで、日本語では「おしゃれ染め」となったようです。
おしゃれ染めは、地毛を明るくして白髪を目立たなくさせるためにあるそうです。白髪が少なめの人にオススメの方法です。

 

【白髪染めとは】

 

白髪染めは、文字どおり「白髪に色を入れる」というものです。白髪が多めの人に有効で、周りの地毛となじませるように作られているのが特徴です。
ただ、白髪も黒髪もそめてしまうので、注意が非登用です。