ストレスと白髪の関係

現代社会においてストレスは切っても切り離せないものです。
よく「ストレスがない生活をしましょう」といいますが、さすがに難しいものなのです。

 

ストレスのない人は不思議とイキイキとした生活をしています。
ストレスを溜めやすい人は、真面目で頑張り屋さんが多いのです。

 

ところで、ストレスが多い人は、白髪になるというウワサをよく聞きますね。
でも、実際はどうなのでしょうか?

 

白髪の原因は様々だといわれていて、実際は何が原因なのか分かりません。
ほとんどの原因不明の病気は全て「ストレスが原因だ」と決めつけてしまうことが
多いです。

 

髪の毛はメラノサイトという細胞がメラニンを作っているので、髪の毛が黒くなるのです。
このメラノサイトが機能しなくなると白髪になってしまうのです。

 

このメラノサイトは神経細胞と同じく精神的なダメージを受けやすいところです。
そのため、ストレスで白髪になるのではないかと考えられているところもあるのです。

 

人間は基本的に昼間に活動します。夜行性なのは、猫やコウモリなどです。
なので、基本的には昼夜逆転した生活をおくっていた人は、将来白髪になるといわれています。

 

睡眠は人にとって大切なことだと思うので、しっかり睡眠を確保しましょう。