白髪の原因について、簡単に説明させていただきます。髪の毛は人種によって黒や金など様々な色を有しています。
髪の色に違いを与えているものは、髪に含まれているメラニン色素によるものと言えます。美容室でもメラニンの量は気にします。

 

メラニン色素は、悪影響を及ぼす紫外線から身を守るために存在しているもので、
このメラニン色素が髪に含まれることによって、紫外線から守るようになっています。メラニン色素は、メラノサイトと呼ばれる色素細胞によって生成されています。

 

このメラノサイトの活動が低下してしまうと、メラニン色素の生成が低下していき、結果的に白い髪となってしまうことに繋がってしまいます。
白髪の原因の一つには、加齢を挙げることができます。加齢に伴って、身体の機能が低下していくことは多くの方がご存じですが、細胞などの活動も低下していってしまいます。

その場合、メラノサイトのメラニン色素の生成が低下してしまうことになるため、髪の毛が白くなってしまいます。
加齢を防ぐことはできないことであるため、加齢に伴って髪の毛が白くなっていくことは、自然なことであるとも言えます。

 

 

その歳をとった人で気になる方は、髪を染めるなどして対応していくことが必要となります。
また、そのほかの原因としては、生活習慣なども挙げることができます。特に西葛西や表参道など都会で働く人々の偏った食生活によって、栄養のバランスが崩れている人の場合、
頭皮や髪の毛などの健康を損ねることになり、結果として白髪に繋がってしまうことがあるため、食生活を改善することも重要であると言えます。